花嫁衣裳レンタル打掛

若松文様刺繍打掛

wakamatsuuchikake

白打掛一式 レンタル料 62万円(税抜)

【昭和初期】

平安時代以来、尊ばれた有職文様の向かい鶴菱を地模様に織り出した白地に、 霞と根引きの若松を金銀で刺繍した、清楚な面持ちの打掛。若松には、嫁ぎ先に根付くようにとの願いが込められています。


*基本の小物(半衿、帯、帯揚げ、丸ぐけ、抱え帯、筥迫、末廣、草履など)はすべてレンタル料金に含まれております。



画像をクリックで拡大画面になります

檜扇文様刺繍打掛

hiougiutikake

白打掛一式 レンタル料 70万円(税抜)

【昭和初期】

向鶴菱の文緞子地に檜扇を刺繍した、現代では再現不可能な究極の 職人仕事で作られた最高級の打掛。


*基本の小物(半衿、帯、帯揚げ、丸ぐけ、抱え帯、筥迫、末廣、草履など)はすべてレンタル料金に含まれております。


画像をクリックで拡大画面になります

鶸色地飛鶴文様刺繍打掛

hiwairouchikake2

打掛一式 レンタル料 65万円(税抜)

【昭和初期】

小葵文様に大胆な鶴の刺繍を一面に施した格調高い打掛。


*基本の小物(半衿、帯、帯揚げ、丸ぐけ、抱え帯、筥迫、末廣、草履など)はすべてレンタル料金に含まれております。


画像をクリックで拡大画面になります